女性起業家に知ってほしいITと経営の情報ポータル

coletto

マーケティング

Webマーケティングとは「仕組み」と「流れ」

更新日:

今では、「女性でも起業」は一般的になり、独立や開業に関するセミナーや情報があふれていますよね。

2010年に息子を出産、当時専業主婦だった私は、ビジネスの「ビ」の字も知らないど素人だったのに起業しました。私ができる事と言ったら、とりあえず「思いついたらやってみる」。

今回の記事は、起業セミナーや開業のためのコースを一通り学んだけどうまくいかない人にぜひ読んで欲しい記事です。そろそろ次のステージにへ行きましょう!

 

私の経験談。Webマーケティングの「仕組み」と「流れ」

素人なりに思いつきで頑張っていたこと

こんにちは。minaです(プロフィールはこちら)。

私は2010年に息子を出産し、子供が2歳くらいの頃から仕事をスタートしました。仕事とは言えないくらいのレベルの、ただの“活動”だったと思いますが…。

 

当時、集客するために、私が思いつきでやってみた事は

  • アメブロを書く
  • mixiでイベントトピに書き込みをする
  • チラシを作ってご近所に手配りする

くらい…。

当時息子は2歳。保育園には預けず、子供がお昼寝中や夜寝かしつけた後、自分の睡眠時間を削り、隙間時間を何とか見つけ、必死にパソコンに向かっていました。それをし続けたのは何でかな〜…とちょっと思い出してみたんです。なぜ、当時あんな必死こいていたのか。

 

 

承認欲求の塊でした

  • 好きなことで収入を得たい
  • ママ起業ってかっこいい!
  • みなさんおしゃれだしキレイだし、私もキラキラしたい!
  • イキイキして輝いている!私もそうなりたい!
  • ママが笑顔なら家族も笑顔!
  • 子供を預けなくても、自分のペースでできるし!

とかね。

…今思い出すと、やっている事を「仕事」として正当化するための理由をたくさん並べていただけなんじゃないかな〜って思います(笑)書いてて、なんか笑えてきます。承認欲求が「起業」という方向にいってしまっていたのですね。

仕事をする理由が「私がやりたい」「私の好きなことだから」「私がやっているから」「私の時間のために」「私のお金のために」などかまってちゃんになってしまっている人、いませんか?

 

 

得意の時こそ驕らず、失意の時こそ腐らず

私の場合。自己流で起業してみて、最初は勢いでうまくいっていたので、だいぶ調子に乗ってしまったんですよね〜(笑)

あ〜〜〜〜〜、恥ずかしっ!!!!!!

絶好調の時ほど足元をすくわれるもので、イタタタタという経験もたくさんしました^^;

ハッキリ言って、それまでやっていた事はプロの仕事ではなかったと思います。主婦同士の「お金の交換こ」。過去の自分を鼻で笑ってやりたい気分です、「このど素人め!」と(笑)。

 

 

周りが見えないから努力しない

当の本人たちはいたって真面目。「仕事だから」と言いますが、周りからしたら趣味の延長にしか見えないような事も、私もしていた時期もありました。

人は、「自分が見た世界」「知っている世界」の枠の中で物事を考えがち。本当は「まだ見たことがない世界」「知らない世界」があるということを忘れて…。

その業界の中で今どのレベルの層にいるか?ということを考えてみましょう。まず、自分の立ち位置を把握しなければ、どこを目指しているのかもわからないし、自分を見失ってしまいます。

 

あなたは、周りが見えていますか?私は全く見えていませんでした。好きなコト・得意なコト・できるコトだけやっていたので、勉強や努力を怠っていました。

調子に乗っていませんか?それが見事に自分に返ってきますよ〜^^;(笑)

 

 

人が一番成長する時

よく「目からウロコです!」「気づきをありがとうございます!」と言ったりしますが、それって表面をさらっとなぞっただけで、すぐ忘れちゃうんですよね…。忘れるからまた同じことを繰り返してしまいます。

悲しいかな、人が一番成長する時って、うまくいっている時ではなく、傷ついた時なんですよね。心が擦り切れてしまうような悲しみ・悔しさ、苦しみ、自分で痛みを味わう。そこから、やっと本質に気づくのです。

人から聞いたことではなく、自分の中から生まれた体験や感情からしか気付けないし、成長ってできません…。

 

 

私が気づいたのは33歳の時でした。「本物の経営を勉強しよう!」と。それまでの活動や肩書きを全て無くし、表舞台に出ることを我慢。カメラマンを名乗っていましたが、収入のほとんどをつぎ込んでいたカメラやレンズ、機材等を全て手放しました。このままではお金をいただけないと思ったからです。

徹底的に基礎から勉強し、そして視野をググ〜ンと広げて「ビジネスの全体像」つまりマーケティングも同時に学び始めました。

 

 

私も、ちょっと気をぬいたり疲れてきたりするとすぐに、

  • 目の前のことしか見えない
  • 目先のことしか考えない
  • 短絡的で視野が狭い
  • 浅はかな考えや行動(つまり何も考えてない)

となってしまいがちです^^;大事なことは、「今やっている事」がマーケティング全体で見た時に、どこにいて、誰に向けて、何のためにやっているのか?俯瞰して自分の立ち位置や役割が見えていないとまずいんです〜。

 

 

Webマーケティングとは

例えば、ブログをたくさん更新した方がいいと聞いたから、毎日何記事もアップしたり、SNSで友達が多い方がいいとかコメントを書いた方がいいと聞き、SNS投稿も頑張ってみたり。

それをする根拠がしっかり自分の中で腑に落ちて腹で分かっていて、成果も実感できているならOK♪あなたはどうでしょう?

インターネットを使っている以上Webマーケティングの知識は全員に必要だと思います。マーケティングと聞くと、「市場調査の事でしょ?」と思っていらっしゃる方がいますが、ノンノンノン!

 

 

レバレッジを効かせる

市場調査、販売戦略、ブランディング、顧客志向…。思いつく熟語で片付けてはいけません。マーケティングの本当の意味というのは

 

売れる「仕組み」

を作って実行すること

 

うまくいっている人はうまくいくようになっているのです。売れている人は売れるようになっているのです。儲かっている人は儲かるようになっているのです。

つまり「仕組み」「流れ」ができているということ。

それをインターネットの力を使うことによって、人間一人の頭や体では難しかったことでも、より得られる効果を高めていくことができるのです。それを「レバレッジを効かせる」と言います。

 

 

SEOはWebマーケティングの中の一部

私がこの2年間で学んできたWebマーケティングについてメルマガで配信しています。

  • 趣味の延長ではなく責任を持って仕事をしている人、していきたい人
  • 起業、つまり「業を起こす」ことに誇りと覚悟も持って仕事をしている人、していきたい人
  • 主婦の枠(扶養範囲)にとどまらず自立している人、将来自立を目指している人

そんな皆様へ。もっとお役に立てるよう、私も勉強を続けています。

今までは、インターネットを活用したビジネスにおける、Webマーケティングの流れの一つである「SEO」について、まずはその大切さという基礎的で局所的な「はじまり」をまずはみなさんに知っていただこうという思いで情報を発信したり、セミナーを開催してきました。

今まで配信し続けてきて、届けたいと思っていた私の周りの札幌の起業女性の皆様にはだいぶSEOという言葉が浸透してきたように感じています^^

 

 

間違ったSEOの認識

しかし、残念な事も同時にありました。それはSEOという言葉だけが一人歩きをして、間違った認識も広がっています。

  • ワードプレスやればSEOに強い
  • SEOって検索で1位にさせること
  • SEOやれば儲かる
  • 自分だけの「マイキーワード」を見つければいい

などなど。

 

最初は間違った認識でもいいと思うんですけどね。過去の私も、自分で経験したから言えることなのですが、一回痛い思いをしないと、人は気づかないんです^^;

だから、まずはなんでもやってみたらいいと思います。失敗はありません。全てテストだと思えばいいのです。遠回りしているように思うかもしれませんが、結局全て自分の成長の糧になっていますから♪

 

 

長期的に考えれば考えるほどやっぱりSEOって大事

これからメルマガではWebマーケティングについてひとつひとつ説明していきます。

「長く事業を継続させたい!」「もっと発展させていきたい」と思う人こそ、「だからこそ、その中でもSEOってめっちゃ大事やん!」ということを、みなさんと一緒に理解を深めていけたらいいなと思っています。

ITリテラシーの低かった、インターネットど素人だった私が学んできた知識と実践してきた経験から、初心者さんでもわかりやすくWebマーケティングを理解できるように、全5回のWEBマーケティングシリーズで綴っています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mina

mina

SEO管理シート開発者/WEBライティング&マーケティング/オウンドメディア立ち上げ/サイト編集。傍ら写真作家としてiPhoneXでの撮影が得意。趣味は歌でゴスペルLIVE出演。好きなLINEスタンプはかまってシャムちゃん。

-マーケティング
-, ,

Copyright© coletto , 2018 All Rights Reserved.