女性の起業

主婦向け起業セミナー

投稿日:2018年8月1日 更新日:

女性が起業するために必要な知識

主婦起業するにはまずはどんな知識が必要?多様な働き方がある中で「起業」を選択した初心者向けにセミナーを開催しております

主婦が起業するには?セミナー開催

2018年10月に開催したセミナーです
\ご参考まで/

初めて企業する女性に必要な知識WEBで売れる仕組みとお金の話

札幌市生涯学習センター「ちえりあ」はさっぽろ市民カレッジを平成12年より開設。

「市民活動系」「産業・ビジネス系」「文化・教養系」の3つの分野で毎年講座が開催され、私は「産業・ビジネス系」で女性の起業に関して2014年よりコーディネーター兼講師を担当しています。

今回2018年秋の講座も市からご依頼を受け、登壇は今回で5回目となります。

主婦起業セミナーの様子

女性が起業するために必要な知識(2018年10月)開催しました

概要

多様な働き方がある中で「起業」を選択した女性や興味を持っている女性、主に主婦の方にオススメの講座です。本講座では起業する前に知っておくべき、お金・法律・WEB集客に関してお伝えします。

また子育てや家事など時間が限られている主婦でも起業を成功させ、より良い経営を続けていくことがイメージできるよう、起業から経営までのシュミレーションも行います。

独学では成功させるのが難しい主婦起業ですが、しっかりとした知識を学び、実際にシュミレーションしてみることで成功へのヒントを見つけます。

 

主婦起業セミナーご感想

  • 値段設定の際に税金や経費を意識していませんでした。
  • 可処分所得についてよくわかりました。主婦でも売上を上げるためににもっと真剣になります。
  • 開業届けや青色申告についてモヤモヤしていたことが明確になってスッキリです!
  • 自分の甘さを自覚しました。でもこれからの方向性が定まりました。税金、Web集客、もっと勉強したいです。

お金や時間をかけて自分に投資したこの講座を、必ず活かして欲しいと私たち講師は願っています。

講座など開催のお知らせや募集はメルマガで配信しております。

 

女性・主婦の起業や仕事環境 札幌市のアンケート

北海道新聞女性活躍市が市民調査

こちらは2017年11月21日の北海道新聞。 「さっぽろ女性応援会議」が開催され、女性の活躍に向けた市民アンケート結果が発表されました。2017年の私の講座も掲載されております。

 

こどもができてからも

仕事を続ける方がよい

と考える女性は

46.1%

 

札幌市の約半数の女性は、専業主婦ではなく働きたいと考えているようです。この数字は多いのでしょうか?少ないのでしょうか?あなたの都道府県、市町村はいかがですか?地元のデータを調べてみましょう。

 

女性の働き方には以下のパターンになることが多いと思います。

  • 会社員
  • パート
  • 勤めならが副業
  • 起業(フリーランス、個人事業主、法人)

などなど。

このブログを読んでいるあなたは、働きたいと思っている女性ですか?上記のどれかに当てはまりますか?

 

主婦は何のために起業という道を選んで仕事をするのか?

私は独身時代は、生活するために会社員として営業職で働いていました。衣食住、自分で生計を立てていかなければなりませんからね。その後、結婚退職・出産、しばらくは専業主婦になりましたが、やっぱり仕事がしたくて働くお母さんになりました。

「働く」の種類の中でも自営業(起業)という過酷な道を選んでしまった、と気づいたのは数年経ってからですが(笑)。

 

「自分のため」から「お客様のため」に

「楽しい!」ばかりではなく、大変さもあるというのはどんな仕事も同じ。それまで雇われる働き方しか知らなかった私にとって、自営という働き方は今まで体験したことのない大変さもありました。

それでもここまで辞めずに廃業せずに続けてこれたのは、「仕事は自分のため」から「お客様のため」に意識を変えることができたからだと思います。

仕事はお客様のため

 

2012年、主婦仲間と小さな活動からスタートし、最初1、2年目は、税金を納めることすらできないくらいの収入でした。帳簿とかもよくわからず、事業の売り上げなのか家計のお金なのかごちゃごちゃになっていたと思います。

  • 自分の好きなことをしたい!
  • 自分がワクワクすることをしたい!
  • 自分が楽しく過ごしていれば家族がハッピー!
  • キラキラするのはいいことだ!

などなど、あの頃は脳内お花畑でしたね…。つまり、当時なんのために自分で仕事をしていたか?…「自分のため」だったのです。

自分が楽しむ事しか考えていないうちは、勢いがあるので、少しは売上をあげることができるかもしれません。しかしそう長く続くものではありません。こう言えるのは、私自身がそのやり方で「失敗」という経験をしたからです。

 

喜んでくださる方を増やす

マネジメントの父と言われているピーター・ドラッガーは「事業の目的は顧客の創造である」と言いました。「顧客の創造」というとなんだか小難しく聞こえますが、つまりは「喜んでくださる方を増やす」。

仕事とは喜んでくださる方を増やすこと

 

なぜ「顧客の創造」する必要があるのか?その理由は。

個人でも法人でも、私たちはお客様のお陰で売上が上がり、お客様に生かされているのです。利益を出さなければ事業を続けてはいけません。生きてはいけないのです。どんな事業でも会社でも同じです。

お客様に喜んでもらえる事を考え、喜んでもらえる商品やサービスを考え、喜んでもらえるような仕事をしよう!というのは、綺麗ごとではなくごくごくあたり前なんですよね。

 

お客様はどこから情報を得てる?

講座ではマーケティングについてもお話させていただきました。基本概念を理解した上で、現代の世の中のお客様の行動に合わせて、自分のビジネスのやり方を考えなければいけません。

一番考えなければいけない事は「あなたのお客様はどこから情報を得ているか?」。

 

現在、8割の人がスマホを持ち、多くの方が自らWEBへ情報を探しにいく時代。商品やサービスを提供する側の私たちがやるべき仕事の一つには、お客様にスマートに情報をお届けするのも大事。つまり、WEBマーケティングをする事が一番理にかなっていますよね?というお話を、講座ではお伝えさせていただきました。

 

マーケティング=売れる仕組み

 

一人で仕事をしているとあれもこれもとやらなければいけないことがたくさんあって、自分が何をしているのかわからなくなると思います。

マーケティングとは「売れる仕組み」。いつまでもマンパワーで感覚で一人で頑張るのではなく、WEBの恩恵を私たち事業主も受け、根性ではなくデータをもとに正しく頑張りましょう!

WEBの力を見方につけて共に成長していきたいと思えるような仲間と一緒に仕事をしていきたいと思っています。

札幌の方はまずは無料セミナーにご参加ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mina

mina

SEO管理シート開発者/WEBライティング&マーケティング/オウンドメディア立ち上げ/サイト編集。傍ら写真作家としてiPhoneXでの撮影が得意。趣味は歌でゴスペルLIVE出演。好きなLINEスタンプはかまってシャムちゃん。

-女性の起業
-, ,

Copyright© coletto , 2018 All Rights Reserved.