女性起業家に知ってほしいITと経営の情報ポータル

coletto

colettoはワードプレステーマ 「WING(AFFINGER5)」を使っています。@WPSRINGERさんRTありがとうございます!

考え方

メルマガの書き方〜準備から最終チェックまで〜

投稿日:2018年11月30日 更新日:

読んでくれる人にとって役に立つ内容を書きたい。でもどうやって書き始めたらいいのかわからない。メルマガを送信した後、必ず誤字脱字があることに気づく…。次の日読み返したら変な日本語だった〜!!どうやって文章を書けばいいんだろう?

そんなお悩みに答えます!

私のメルマガ歴は5年。もちろん最初からうまくかけたわけではありませんし、途中たくさんの失敗も経験しました。そこから自分なりに改善し今でもメルマガ読者が増え続けています。

普段のブログの記事を書くときも同じなので、LP、ブログ、メルマガ、プレスリリースなどを書いている方はぜひ参考にしてくださいね!

 

 

自分でメルマガのテンプレートを作る

メルマガを書く際は「型」を使います。要するにテンプレートですね。

たとえば、「見積書 テンプレート」「納品書 テンプレート」「メール 署名 テンプレート」などのように、そのまま活用できるテンプレートはインターネットで検索すればたくさん出てきます。

そんなイメージでメルマガのためのテンプレートを自分で作ってしまうのです。

メルマガやブログなどの文章を書くときに迷わなくなるというメリットがあります。それでは私の型をご紹介します。

 

coletto式文章の書き方〜7つの質問〜

  1. 今日のこのメルマガの目的は?
  2. 読者は誰?
  3. その人は何を知りたいの?
  4. どうして知りたいの?
  5. このメルマガで何を書いたらその人の役に立てるの?
  6. このメルマガ読んだらその人はどうなるの?
  7. だから?その人にどんな行動をしてもらいたい?

まずはこの7つ質問に対して、自分で答えていきます。

いきなりメルマガやブログの投稿ページに直接書くのではなくまずは下書き。

私はMacのメモに残しています。iPhoneと同期させているので外出中でもパっと閃いことをiPhoneのメモに残したり、隙間時間を使って下書きの続きを書いたりしていますよ!

 

メルマガの書き方の順番

step
1
テンプレートに当てはめる

私はmacのメモで書いていますが、ワードなど文章を保存できるものだったらなんでもいいと思います。全ての文章は保存。

先ほどの7つの質問に対して答えるように書き出していきます。全てが埋まると実は文章の中身の7割くらいは完成!

簡単なようで一番手を抜かない部分でもあります。

 

step
2
メルマガの原稿を書き始める

7つの質問に対して書き出したものを見ながら、原稿を書き始めます。

…といっても内容はほぼできているのであとは肉付けしていくだけです。

 

step
3
文賢(ぶんけん)通す

原稿ができたら文賢(ぶんけん)に通します。

【文賢】は100を超える独自の判定ロジックを用い、あなたの書いた文章の改善点を指摘します。

文賢(ぶんけん)は人間が書いた文章を読みやすく、わかりやすくするためのチェックやアドバイスをAIが自動で行う校正支援ツールです。

詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

読みやすい文章を書くための校正ツール文賢ぶんけん
校正ツール活用で文章に自信が持てる「文賢」とは?

  自分の文章に自信がない、読みやすい文章が書けない、誤字脱字が多い、文章がわかりにくいと言われる… というお悩みありませんか? 読みやすい文章を書きたい人にオススメしたい、文章校正ツールが ...

私本当に文章が下手くそだし、誤字脱字もひどいし、次の日見返したら悲惨だし…と自分の文章にはまったく自信がないんです…。文賢を使うようになってから文章に自信が持てるようになりました!!

文賢を通して原稿を完成させます。

 

step
4
メルマガシステムで配信準備

ここまでやって、やっとメルマガのシステムにログインします。

私が使っているのはオートビズ。オートビズから来るお役立ちメルマガはとても参考になっています。

原稿の文章をコピーしてメール編集画面に貼り付け。まだ配信ボタン押しません!

 

step
5
スマホで確認

最終的に見え方チェックをします。自分のスマホにテスト送信してスマホで見た時の読みさすさを確認。

改行や装飾などスマホで見たときにストレスなく最後まで読者さんが読み切れるかどうか、リンクは切れていないかなど何度も確認。

以前はスマホで表示される文字数は○文字だから1行を○文字で書いたら改行する…などしていたこともありましたが、今はやめました。

理由は人によってスマホ画面の幅やフォントの大きさが違うからです。

私はフォントの大きさを変えて3回は確認しています。デフォルトのサイズ、一番小さいサイズ、一番大きいサイズなど。

 

 

メルマガの書き方まとめ

自分でテンプレートを作る

原稿を書く

文章校正ツールを通す

配信前にスマホで確認

メルマガだけではなく、ブログ・LP・プレスリリースなど、文章を書く方はぜひ参考にしてみてくださいね!

今回ご紹介した文章校正ツール「文賢」はこちらです↓


 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mina

mina

SEO管理シート開発者/WEBライティング&マーケティング/オウンドメディア立ち上げ/サイト編集。傍ら写真作家としてiPhoneXでの撮影が得意。趣味は歌でゴスペルLIVE出演。好きなLINEスタンプはかまってシャムちゃん。

-考え方
-

Copyright© coletto , 2018 All Rights Reserved.