女性起業家に知ってほしいITと経営の情報ポータル

coletto

SEO基礎個別指導冬期集中特訓コース

写真

iPhoneカメラで背景ぼかしが可能になる3テクニック♪

更新日:

iPhoneカメラで背景ぼかし
背景をぼかした写真って、まるで一眼レフで撮ったように感じて憧れますよね♪ボケは普段目で見たものと違い、写真ならではの表現になります。ボケ感という見慣れないものだから、撮ってみたくなるんですよね^^

ボケを上手に使うことで、自分が撮りたかった主題を引き立たせてみたり、ボケている部分の存在感をやわらげる効果があります。ピントの合わせた部分だけハッキリするため、何を伝えたいのかがわかりやすくなります。

 

私も一眼レフカメラを購入したのは、よりぼかした写真が撮りたいと思ったからです。iPhoneカメラはどうしても小さいがゆえにセンサーが小さく、またスマホの特徴である少し広めに撮れる(広角)レンズのために、もともとボケにくい性質なんです。でも、そんなボケにくいiPhoneカメラで撮影しても、一眼レフで撮ったみたいに背景ぼかしができる方法があります♪

こちらの記事では、背景をぼかす時の基本の考えと撮り方iPhoneのポートレートモードの撮影法撮った後にもぼかせる編集法をお伝えします。基本の撮り方や編集法は、スマホなどの他のカメラでも使える技ですよ。どれも簡単な方法で、読んだらすぐに実践できるものなのでお楽しみに^^

 

背景ぼかし〜基本の撮り方

 

背景ぼかしとは、被写体(自分が撮りたい主役の人や物)だけくっきり写して、その後ろの背景をボケさせることです。

どうしてこのボケができるのかというと、自分がくっきり写したい部分だけカメラのピントを合わせて、そのピントを合わせたもの以外の背景などが、ピントを合わせたところから遠ければ遠いほどピントが外れてそれがボケとなって写るためです。この原理を応用すると、ただでさえボケにくいiPhoneカメラでも背景ぼかしができます。

どんなカメラを使っても、このボケを撮るときの要素は同じです。4つの要素でお伝えしますが、特に誰でも使える1番(できるだけ被写体に寄る)と2番(遠い背景を選ぶ)をぜひやってみてください♪3番と4番はちょっと難しい話なので読み飛ばしてもOKです(笑)

 

1、できるだけ寄って撮る(ピントは必須!)

撮りたいもの(被写体)にできるだけ近づくとボケます。iPhoneカメラのピントがあうギリギリまでググッと寄ってみましょう。

ピントは、撮りたいものにタップして合わせます。近づくと撮りたいものからピントが外れやすいので、必ず撮りたい被写体をタッチして、ピントを合わせます!その時に、タップしてもピントが合わず被写体がボケてしまっているときは寄りすぎです!被写体がハッキリ写る距離で写します^^

 

被写体に近づいて撮る

ピントはタップして合わせよう

 

の写真は、普通に撮影したもので、ピントが全体に合っています。それに比べの写真は近くに寄ってコップにピントを合わせたことで、背景がボケています。このように撮りたい被写体にグッと近づいて撮影すると背景がボケますよ♪
iPhoneカメラで背景ぼかし(近づいて撮影比較)

でもここで一つ注意点!

近づくことで、iPhoneカメラの広角(見た目より広めに撮れる)レンズの特徴である、上下左右のレンズの端(写真に写っている端っこ)がどうしてもゆがみやすいという事が。。。広めに撮れるレンズで近づいて撮影すると写真の端っこがゆがみやすいため、撮りたいものがなんか変な形になってしまう、伸びて写ってしまう事があります。

そんなゆがみが気になる時は、ゆがみすぎない程度に寄る。端っこが歪みやすいため、被写体を真ん中近くに写す。望遠で撮影することでもゆがみは軽減されますが、ボケ感は少し弱くなります。

 

よりすぎ注意

ゆがまないように

 

の写真はコップにできるだけ近づいて撮影しました。するとコップの上部が実物より広く写り、ゆがみが出てしまっています。の写真はほんの少し下がって撮影して、写真の端っこを少しトリミング(切り取り)をしたものです。
iPhoneカメラのゆがみを補正する方法右の写真。左のものより近づいていない分ボケ感は弱いですが、ゆがんでいるよりはいいかなと思います♪

 

ゆがみについて詳しくはこちらの記事でもご紹介しています。1、スマホカメラの苦手とは?の項目の②アップで撮りたい時は?に記載しています。もしよければ合わせてご覧ください♪
商品の写真がスマホ(iPhone)でも綺麗に!撮り方Lesson♪

 

2、より遠い背景を選ぶ

背景は遠ければ遠いほどボケます。なので、狭い室内より、背景が遠い屋外で撮影した方がぼかしやすいです。室内でも壁から離れて背景を遠くすればぼかすことができます♪

 

背景が遠くなる場所で撮ろう

 

の写真が遠い背景(くまちゃんまで約2mちょっと)。の写真が近い背景(くまちゃんまで約60cmくらい)です。
iPhoneカメラで背景ぼかし(背景の遠近による違い)くまちゃんも飾っている写真もボケの程度が違いますよね。これが外だともっと背景を離すことができるので、ボケも強くなります。

 

3、カメラの絞り(F値)を最小にする

こちらについては、絞りを変えられるアプリなどを入れていて、F値の設定できる人に限られます。F値一眼レフなどのレンズ交換式のレンズでは、このF値がすごく小さくなるレンズがあり、そんなレンズで撮るとふわっと綺麗に簡単にボケるんです。F値とはレンズの絞りの値。光をカメラに取り入れる入り口の大きさのことです。

絞りの大きさによって、ピントの合う奥行きの幅が変えられます。F値を小さくすればするほど、ピントの合う奥行きの幅が小さくなり、つまりピントの合っていない部分はピンボケします。これを利用して、背景ぼかしが簡単にできるんです♪

 

4、原則としては、望遠(ズーム)で撮るといい

原理としては、望遠を使うとボケが大きくなります。でもデジタルズームには注意です。自分のスマホのレンズ部分を見て、2つのレンズが並んでついている人は、望遠レンズもついてます。2018年現在iPhoneでは、7plus、8Plus、Xについています♪

スマホの1×をタップすると、2×になりズームされていますが、広角と望遠レンズの切り替えはOSが自動で行っており、近い被写体を撮るときは望遠側のレンズが使われず、この場合は広角レンズでデジタルズームを使用している状態になります。近い被写体で望遠レンズを使用するにはポートレートモードにすることが必要です。

 

1つのレンズしかついてない人は、デジタル処理をして望遠に見せているズームのため、ボケ具合は望遠(ズーム)にしても変わらないです。なので、望遠レンズのついていない機種では、ぼかす目的でズームにしても残念ながら全く効果はありません。さらに、ズームすればするほど画像が荒れてしまいます。特に暗いところでズームすると、ザラザラに。その為あまりデジタルズームを使うのはおおすすめできません。

 

さらに注意点が!
ボケの要素として、このできるだけ望遠にするということがあげられますが、望遠レンズが搭載されている機種でさえも2倍ズームの望遠では実は効果が得にくいんです^^;先ほど説明したF値というレンズの絞りがどれだけ開くかという値が、広角レンズの最小F値(F1.8)と望遠レンズの最小F値(F2.8、XはF2.4)が違うため、望遠にしてもボケが大きくなりにくいです。

同じF値であれば、原理として望遠にすればボケが大きくなるんですが、今のiPhone7plus、8plus、Xでは望遠にしても最小F値が大きくなるためボケの効果が得にくいです。それだったら他の方法を試してみましょう。

外付けのもっと高倍率の望遠レンズをつけるという方法もありますが、ちょっと手間ですよね^^;

 

これらのボケを作る4つの要素をもっと詳しく説明しているサイトを見つけたので、最後にご紹介しますね♪

 

iPhoneカメラの被写界深度エフェクト

 

デュアルレンズを搭載した機種では、画像処理を使ったボケを撮ることできます。iPhoneではポートレートモードの被写界深度エフェクトといいます。

デュアルレンズはiPhoneでは、7plus、8PlusXについており、簡単に一眼レフのようなボケ感が出せると人気です♪

 

1、デュアルレンズとは

デュアルレンズとは一般的に2つのレンズがついていることです。

iPhoneカメラのデュアルレンズでは広角(広く撮れる)と望遠(少し遠くを拡大して撮れる)の2つのレンズを用いて、被写体の奥行きを9 段階に識別し、その情報をもとに画像処理を行い、疑似的にではあるもののぼかして写すことができます!簡単に言うと、1つのレンズが被写体にピントをしっかり合わせて、もう一つのレンズで背景をぼかした写真を組み合わせたようなイメージです。

 

OSがとらえた被写体と背景の境目が実際と異なることがあり、多少不自然なボケになってしまうこともありますが、うまく撮れると一眼レフで撮ったようなボケの強い写真が撮れます♪ポートレートモードの効果が得られる距離に被写体を配置して撮影することで、驚くほど背景ぼかしができますよ^^

また、iPhoneplusに比べ、8plus X では画像処理能力も向上し、以前は不自然だったボケ感がより自然になったようです。それでも被写体や背景によってはまだ不自然な時もあるので、今後のapple技術の進化にさらに期待したいですね♪

 

2、背景ぼかしをする撮り方

ポートレートモードを使うときはちょっとコツが必要です。このポートレートモードが使える目印は、被写体をタップして、ピントの合っている四角の表示が黄色くなっていると効果が発揮されます。

 

ポートレートモードがあれば

それが一番ボケの効果大

 

効果が得られない時は、四角が白く、「離れてください/被写体を2.5m以内に配置してください」と表示されます。被写体が近すぎたり遠すぎると、この機能を使うのが難しいようです。

被写体を30cm以上2.5m以内になるように、自分で離れたり近づいたりして撮るのがポイントです

ポートレートモードで撮影した後に、やっぱりボケ感が不自然だから戻したいというときはiPhoneアプリから画像を選択して編集をタップ。画面上部の黄色いポートレートというところをタップすると、撮影したままの画像処理前に戻ります。右下のチェックマークをタップすることで変更を保存できます。

 

望遠レンズを使って撮影したノーマルの写真。ポートレートモードの被写界深度エフェクトを使って写した写真です。
iPhoneカメラで背景ぼかし(ポートレートモード使用比較)ちょっとくまちゃんがボケすぎててやや不自然でしょうか?もしうまく撮れなかった時は戻す編集も使ってみてください。

または、撮った後にこのボケ具合(F値)を変えられるアプリもありますよ♪

 

こちらの記事で写真を使って撮り方を解説しているので、よかったらご覧ください。記事の中の、iPhoneでもステキに撮影できる7つのポイント♪ の中の4つめ。4、背景ボケで主役が引き立つ!ポートレート機能♪ でご紹介しています
iPhoneカメラでプロ並みに?写真の撮り方が変わる方法♪

 

 後から作るボケ〜写真加工

 

今回ご紹介する方法は、丸またはラインで、ハッキリ写したい部分を選び、それ以外の部分を加工でふんわりぼかす方法です。丸の大きさや場所は選べますが、おおよその部分指定なため、一眼レフのように被写体と背景をハッキリと分けてぼかすことは難しいですが、ボケの優しい雰囲気にはなりますよ^^

例えばポートレート撮影をするときに一眼レフでぼかして撮ると、その人の形にそって手などもハッキリ写すことは可能ですが、丸で範囲を指定する加工の場合、丸からはみ出た手などがボケてしまったり、手までくっきり写そうとすると余計な背景部分までくっきりしてしまったりということです。

 

「ぼかし」の加工が使える

 

たいていの編集ができる写真アプリに入っているのではという、この「ぼかし」という加工。きっと何かしらの写真アプリがスマホに入っている方は、きっとこのボケの加工ができることが多いので、ぜひ確認してみてください♪ 今回は、設定なども容易にボケを簡単に作れるLINEカメラアプリを使った編集方法をご紹介します。

 

1、LINEカメラアプリでのやり方

 

アプリを起動し、アルバムを選択、編集したい画像を選んで、右下の編集をタップ。
LINEカメラの使い方

三本線の編集項目をタップ。編集項目を右にスライドさせると、ぼかしという項目が出てきます。
LINEカメラでぼかしを使ってみよう

右の涙マークのところで、サークル(まる)とリニア(ライン)が選べます。たいていは、サークルを選択。(リニアは、ミニチュアのジオラマのような写真にしたい時に効果的です。)

被写体をタップしてハッキリさせる場所を選択。丸の範囲をピンチを開閉させて、被写体の大きさに合わせます。LINEカメラで、ボケの位置と大きさも設定できる

スライドバーでボケの効果の強弱を設定。最後に右下のチェックマークをタップして保存します。
LINEカメラのぼかし機能after

LINEカメラの写真がアプリのぼかし機能で背景ぼかしをしたものです。丸の中にうまく収まったので、あまり不自然なボケにはなりませんでしたね^^

 

 

2、その他の加工アプリの紹介

他にもいろんなアプリがあり、ボカす範囲を丸ではなく自分でなぞって選択できるものや、丸の形を楕円などに変えられるもの、ボケの程度を二段階で変えられるもの、ボケがモザイクになるもの、ビデオや動画でも使えるものなど様々です。

以前までは、パソコンの写真編集ソフトでしかできなかったような加工や編集がアプリでもできるようになって驚きます♪ 今回はその加工の中でも、簡単にできるものをご紹介させていただきました^^

 

また、多くの方がすでにスマホの中にありそうなInstagramでも同じようなボケの加工ができます♪インスタでは「チルトシフト」という項目です。インスタの加工ではボケの強弱は変えられないですが、とっても簡単に加工できます。ただ、こちらのインスタでは写真の加工だけを行うというより、インスタに公開目的で加工する形になってしまいますが、よかったらぜひお試しください ^^

 

まとめ〜好みのものを試そう♪

 

iPhoneカメラで背景ぼかし(LINEカメラアプリ使用)

iPhoneカメラで背景ぼかし(ボケ感比較例)
3パターンのボケ感を比較してみました。お好みの写真はありましたか?これならやってみよう、これならできそうというものが一つでもあったら嬉しく思います♪ 撮り方まとめ↓

 

  1. ボケを撮りたい時の撮影法!
    撮りたいものにできるだけ寄る
    より遠い背景を選ぶ
    ・アプリなどで絞り(F値)を設定できる人は、F値を最小にする
  2. iPhoneのポートレートモードがあればそれが一番効果大

  3. アプリのぼかしもなかなかいい感じに使える♪

 

おまけ☆
撮影でボケを作る4つの要素〜もっと詳しく説明しているサイトがあったので、よければご参考にしてみてください♪
“ぼけ”の要素 | 撮影の基礎知識 | デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ
by SONY

いろんなシチュエーションで撮ってみたり、たくさん撮って練習すると、一眼レフ並みに撮れることも^^ぜひ試してみて下さい♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yuki

Yuki

得意分野はカメラ。現在も勉強中です♪女性起業家のみなさまに、お役に立てる写真に関する情報をお届けします^^

-写真

Copyright© coletto , 2018 All Rights Reserved.