女性起業家に知ってほしいITと経営の情報ポータル

coletto

写真

商品の写真がスマホ(iPhone)でも綺麗に!撮り方Lesson♪

更新日:

iPhoneで商品撮影している様子女性起業家の方で自分の商品をもっとキレイに撮りたいな。ハンドメイド作家さんで、小物やアクセサリーをサイトで素敵にアップしたいな。ちょっとアフェリエイトでお小遣い稼ぎをしたいな。そんな方のお役に立てる撮り方をお伝えします^^

商品がすごく素敵でも、写真が残念だったら、見た人の印象が本当に変わりますよね。商品撮影をする方のよく聞くお悩みは

  • 暗い
  • 影が写ってしまう
  • ブレてしまう
  • ザラザラしてる
  • おしゃれに撮れない
  • イメージ通りに撮れない

今回は、このようなよくあるお悩みが、この記事を読んだら簡単に解決できるかもしれませんよ♪商品の撮り方が上手くなるだけで、売上アップにもつながります。

また、商品写真を撮るのは、素敵におしゃれに見せる撮り方だけではなく、実物がイメージしやすいように、形や色や質感などを正確に伝えることが最も重要です。正確に伝えられる撮り方とは?一眼レフがなくても素敵に写す方法とは?

まず、スマホカメラゆえの苦手なことを知って、それをカバーする注意点から。そして、商品写真の撮り方〜スマホ(iPhone)だけでも撮れる、簡単なコツや100均材料など安価な道具を使用した撮影法の基本をお伝えします♪

 

1、スマホカメラの苦手とは?

正直言うと、スマホだけで商品撮影するのは、普通に撮っただけでは難しいことがあります。でも、スマホの特性を知って撮影することで、苦手をカバーして一眼レフがなくても十分綺麗に撮れますよ♪スマホカメラの特性とは?

 

①スマホは暗いところが難しい

夜に写すとなんかイマイチ。こんな風になるのは、スマホはどうしても小型ゆえ光を感知するセンサーが小さく、そのため光の少ない暗いところではどうしても難しいのです。

 

暗いところで写すとザラザラに!

 

明るさが足りないと暗い写真になってしまうため、カメラが自動でISOという光を増幅させる機能を使って、写真を適正な明るさにしてくれます。センサーの大きい一眼レフなどでは、光を感知するセンサーも大きく、暗いところで光を増幅するISOを上げてもさほど画像の劣化(ザラザラ)は目立たないです。

でも、センサーが小さいスマホは暗いところで光を増幅されると、画像が劣化してザラザラになることが。なので明るい場所での撮影が必要です。

夜間室内照明の撮影による画質の低下

照度(ルクス)を数字で表すと、晴れの昼間は10万ルクス、曇りの昼間は3万ルクス、明るい日中の室内は3000ルクス、それに比べ照明をつけた夜間の室内は500ルクスくらいです。明るい昼間の室内と、夜間の照明をつけた部屋の明るさの差が、6倍も違うことも…太陽の光はすごいですよね。

なので夜間に撮影する場合、少ない明るさを補うために専用の照明を用意しないと難しいことがあります

 

スマホのフラッシュは基本OFFに!

 

光が足りないなら内臓のフラッシュを使ったらいいのでは?と思うかもしれませんが、フラッシュは部分的に強い光が当たるため、その部分だけ白とびしてしまうことが多いです。直接的な光が当たってしまうため、強い影ができたり、商品の質感も失われてしまったりします。

特に近い距離でフラッシュを使うと、その影響が強く出てしまいます。上の写真のように、いかにもフラッシュを使ったという感じになり、後ろの背景の白色も白に写りませんでした。そのため、やはり内臓のフラッシュは基本OFFに設定します
スマホ(iPhone)のフラッシュ撮影

 

もしフラッシュを使うのであれば、直接当たる光を弱めるために遠く離れて撮る。また、フラッシュの部分にティッシュを当てるなどして、直接的な光を弱める撮り方もあります

 

下の写真は、ティッシュを3つ折りにしてフラッシュ部分に当てて撮影したものです^^先ほどの直接フラッシュを当てた時よりも光がやわらかく当たっています♪

ただ、ティッシュを当てるときにぴったりと覆わないと、左上の写真のように変色して写ってしまうことがあるため、注意が必要です。
スマホ(iPhone)のフラッシュをティッシュで軽減

 

暗い写真はそれだけでパッとしないですし、暗いところで撮るとブレたり、室内照明の明かりの色のせいで色が実物と違う風に写ってしまったりも…。

撮影を夜間にしか時間が取れなく、室内で電気のみで撮っているという方も多くいると思います。でも、スマートフォンの特性を考えると明るい日中の昼間に撮影もしてみることもおすすめします♪ 具体的な撮り方については後の記事で詳しくご紹介します。

 

②アップで撮りたい時は?

スマートフォンのカメラの多くは広角気味(見た目よりワイドに広く)に撮れます。iPhoneの標準レンズでいうと画角が29mm。望遠レンズが付いている機種(iPhone7plus、8plus、X)では59mmの画角も付いてダブルレンズになっています。

大体人の目で見た印象に近い画角が35mmと言われているため、標準レンズでは少し広めに撮れ、望遠レンズでは少しズームして切り取って撮影できます。

 

ズームしすぎると画像が荒れる!

 

「いやいや、私のスマートフォンのカメラ、望遠レンズの付いている機種じゃないけど、ズームできるよ。」と思われる方がいると思います。確かにデジタルズームを使って、機種によって変わりますがだいたい5〜10倍などズームできます。

デジタルズームとは、画像処理をして無理にズームして見せている状態なので、どうしても画像が劣化してザラザラに写ります。なので、望遠レンズが搭載されている機種は望遠で撮ることはおすすめですが、標準レンズでズームして撮るのはあまりおすすめできません。ズームしても2倍までくらいまでがいいかなと思われます。

スマホ(iPhone)のズーム撮影比較

さらに、ズームしても画像が劣化しないかどうかは条件もあります。iPhoneは比較的画質がキレイなのですが、androidは機種によっても変わります。

夜間に撮影した場合、光が少ないせいでズームしていない状態でもザラザラが見えるような時は、さらにズームすると画像の劣化が大変なことに。なので、自分のカメラがどの程度たえられるのか、昼と夜でぞれぞれ撮って試してみるのがいいかなと思います^^

画像を劣化させずにズームしてアップを撮りたい時は、少し離れて、広めに撮って後から真ん中を切り取る(トリミング)方が綺麗に撮れますよ

 

近づきすぎるとゆがみます!

 

また、スマートフォン(iPhone)の標準レンズは広くややワイドに撮れるため、大きく写そうと近づいて写そうとすると、どうしてもそのレンズの特性上端っこが歪んで写ってしまいます。四角いものが台形に写ったり、筒状のものが伸びて長く写ったり、正しいイメージと違った形に写ってしまいます。

左の写真は、ズームなしで被写体に近づいて撮影。やはり、端っこがどうしても歪んでしまいました。右の写真は望遠レンズ搭載のiPhoneを使用し、2倍ズームで撮りました

広角はスマホで近づくと歪む

 

大きく写したいから近づいて撮影するというのはNGです

私の望遠レンズついてないんだけど、どうしたら?この場合も先ほどと同様。一度、見せたい部分を真ん中くらいに配置して広めに写して、その見せたい真ん中部分をあとで切り取ります

 

切り取り(トリミング)の方法

 

この切り取りをするトリミングの仕方がわからなければ、こちらの記事でやり方をご紹介していますので、ご参照ください。iPhoneでこれだけでも覚えると使える4つ♪の中の4、切り取りで印象的な一枚に!に記載しています♪
iPhoneカメラだけで写真の編集ができるコツ♪基礎編と応用編

 

大きくアップで撮りたいときはiPhone7plus、8plus、Xの機種などの望遠レンズ搭載の機種では望遠ズームを使って撮

この時に一つ注意点。
スマホの1×をタップすると、2×になりズームされていますが、広角と望遠レンズの切り替えはOSが自動で行っており、近い被写体を撮るときは望遠側のレンズが使われず、この場合は広角レンズでデジタルズームを使用している状態になります。

近い被写体で望遠レンズを使用するにはポートレートモードにすることが必要です。近いものを撮ろうとすると離れてくださいと、ボートレートモードの効果が得られない状態(被写界深度エフェクトなし)になりますが、望遠レンズを使用して撮影はできているので問題はありません。

 

それ以外の機種の場合は、近づき過ぎず、広めに撮影して後から真ん中をトリミングする方が綺麗に撮れますよ♪

 

2、商品写真ってどう撮る?

 

1、写真は光が一番大事!

まず、昼間の明るい室内での撮り方をご紹介します。撮影に一番大切なのは何よりも光です

光が大切と聞いて、撮影場所を考えたときにご自宅のどこを思い浮かべますか?当然、窓側!と思うかもしれませんが、正しくはレースカーテンをひくなどして光が直接当たらない明るい場所です。

この場所選びがとっても大事です。光が直接差し込んできていると、被写体に強い影や光の線が写ってしまいます。できるだけ影が写らないように、均一の光が当たっているところが望ましいです^^

失敗例光が直接当たっている自分の影が入ってしまっている
スマホ商品撮影(光の失敗例)

 

やわらかい光を探す

そんな場所を作る

 

これが商品撮影で一番大事なことです。

 

2、影を薄くする撮り方とは?

実際に、直射日光の当たらない日中の撮影を見てみましょう。光が直接当たっていなくても、光がさしてくる方と反対側にはうっすら影ができてしまいます。影がない方が、商品が見やすいですよね。

どうやって影を薄くするのか?それはレフ板というものを使います♪レフ板とは、被写体に効果的に光を当てたり、影になっている部分を明るくするものです。入ってきた光をレフ板に反射させて、被写体を照らし、影になっている部分を明るくします

レフ板は光を反射できるものならなんでもよく、よく用いられるのは白や銀色のものです。「白レフ」は柔らかい光を反射させることができ、「銀レフ」はより強い光を反射させることができます

 

レフ板は光を反射させて

影も薄くなる効果大

 

100均に売っているカラーボード(白)もレフ板代わりに使用できます♪ 片面が貼れるタイプのものは、片方にアルミホイルを貼ると銀と白で使い分けられます。それを立たせられるものなら何でもいいんですが、今回はスマートフォンスタンドを使って立たせて使いました。ボードを2枚繋げて折り曲げることで、立たせることもできます。

 

100均材料で作ったレフ板①(片面にアルミホイルを貼った、白と銀の両面タイプ)スマートフォンスタンド使用。
100均材料で製作したレフ板(白、銀両面)

 

100均材料で作ったレフ板②(貼れるタイプの方にも白いコピー用紙を貼った両面白タイプ)こちらはスタンドがなくても、2枚のボードをテープで貼って折り曲げられるように固定しているため、立たせて使用できます。100均材料を使ったレフ板製作

 

3、背景が重要!小物は脇役

被写体を見やすくするためには、ごちゃごちゃした背景にならないように気をつけることが重要です。

 

スッキリした背景選びが大事

 

背景は、背景紙を用意するのがおすすめです。私は100均で購入した白い大きな模造紙(78,8cm×109,1cmのもの)を使って撮りました。また、撮りたいものが白の場合は白以外の色を背景にすることで、被写体がよく見えます。今回、白の撮影の時は黄色い模造紙(100均、大きさも同じもの)を使用しました。

 

背景については、詳しくご紹介している記事もあります♪こちらの記事で、iPhoneでもステキに撮影できる7つのポイント♪のの中の3番目。3、主役の後ろまで気をつける!背景を考えようでご紹介しています。
iPhoneカメラでプロ並みに?写真の撮り方が変わる方法♪

 

こちらが撮影風景です♪(模造紙の固定には剥がせるマスキングテープを使用しています。)

左の写真が、左に窓があり左からの光が当たっているサイド光です。そのため、左から当たった光を反射するために右からレフ板を当てています。右の写真は洗濯物干しを使って背景紙を固定しています。こちらは正面から光が当たっている逆光です。正面からの光を反射させるためにカメラ側にレフ板があるといいので、撮影時はもう一枚手持ちでレフ板を使用しました。スマホで撮る商品撮影のセッティング

逆光の方がより柔らかい光で撮れますが、光の強さによって窓からの距離を考えないと光が強すぎることもあります。

また、被写体を引き立てるアクセントになる小物なども一緒に写すことで、おしゃれに見えたり、イメージしやすくなったりします。小物選びや、配置などは、いろんなサイトの写真を参考に、真似をするところから初めてみるといいですよ♪

うまくなるには、撮りたい写真の真似をしてみるのが上達が早いです。

 

こちらが、光と背景に気をつけて撮影したものです^^
スマホで撮る商品写真の撮り方

 

おしゃれに写すよりも、まずは商品の色や形・質感などは、実物と同じに写せているか!これが商品写真の撮り方で本当に大切です!!

 

4、スマホ用三脚があると便利!

商品撮影は、何度も配置を少しずつ変えてみたりして撮ります。そのため、三脚があるとモニターを確認しながら商品や小物のレイアウトができるためとっても便利です♪また、三脚に固定されていることで手ブレも防げます

暗いところでは特に手ブレを起こしやすいため、三脚使用がおすすめです。

スマートフォン用三脚は100均にもありますし、数百円でも買えます♪ 私は100均一のものは縦撮りか横撮りどちらかしかできなかったので、3COINSで買ったどちらも撮影可能なタイプのものにしました。
iPhone(スマホ)用三脚使用例

 

5、色が変な時は照明に注意!

スマートフォンは基本、自動でホワイトバランス(白が白に写る色に調整すること)をとって撮影してくれます。普通カメラで撮る時は、ホワイトバランスをオートも自分で設定もできます。

androidの機種の多くはホワイトバランスを撮影時に設定できますが、iPhoneは設定できません。それは、iPhoneのオートホワイトバランス機能が優れていると言われているためです。

 

でも、撮ってみたら時々ちょっと色が違う時もあります。例えば、夜間蛍光灯と電球が両方付いている環境や、昼間自然光が入る室内で照明をつけている時など…違う光が混ざっているMIX光になっている時に、色が実物と違う写りになることがあります

それぞれ、光には色があり、その別な光の色が混ざる環境だと、正確な色を出すのが難しくなったりします。一番正確な色が出やすいのはやはり昼間の自然光がおすすめです。夜間に照明下でうまく色が撮影できなかった時、昼間の自然光で撮影してみてください

どうしても夜間しか撮れず、やっぱり色が変な時はこんなことを試してみてください。MIX光にならないように、LEDならLEDのみ、蛍光灯なら蛍光灯のみの一種類の照明にします。また、撮影する方向や角度を変えて撮ってみてください。

 

色の違いは致命的!

正しい色を出そう

 

それでもやっぱりおかしい時は、編集機能を使います。androidの機種の多くはホワイトバランスが編集項目にもあります。照明をつけたときによくなりやすい色はオレンジ系の色になってしまうことが多くあります。

オレンジに青色系をプラスしたら白に近づきますよね?そのため、青系のカラーフィルターである蛍光灯や電球にすると白に近づきやすいです。より、青フィルターの色が強いのは電球。次に蛍光灯の順です。電気のオレンジ色がすごく強い時は電球に、ほんのりオレンジ色の時は蛍光灯に、など…ちょっと変えてみましょう。

もしあれば、ホワイトバランスの右にスライドしたらオレンジ色が強くなり、左にスライドしたら青が強くなる、スライドバーで色を見ながら微調整できるものがいいです。

 

iPhoneでは編集項目の中の、調整アイコンからカラーを選択。カラーの中のキャストという項目を選びます。このキャストというのは、ホワイトバランスとは微妙に異なるものなんですが、近くのものから反射した光によって画像全体にみられる望ましくないカラー変化を調整できるものです。

このキャストを右にスライドすると暖色系に、左にスライドすると寒色系に補色されます。見た目の色に近づくようにスライドバーを動かし、試してみてください^^

 

ホワイトバランス(WB) について、わかりやすく解説されているサイトがあったので、後ほどご紹介しますね♪

 

6、商品撮影ボックスがすごい!

ここまで色々安価でも買えて、あったら便利な道具などご紹介してきましたが、なんだか準備もセッティングも面倒。。。もっと簡単に撮れないの?と思っている方。夜しかなかなか撮影できなくて、いつもなんかイマイチと感じている方。そんな方には、なんとこれだけで綺麗に撮れる撮影ボックスを使うことをおすすめします

「え〜?そんな便利なものがあるなら最初に紹介してよ〜。」と思わせてしまったならすいません(笑)でも、どんな環境でも上記の知識があったら、だいたいのものは撮れると思いますよ^^

 

これだけで綺麗に撮れる

撮影ボックスが便利

 

撮影ボックスって?なんだか高そう?でも、実は結構お手軽価格のもあります。私の買った撮影ボックスは大きさが幅22cm高さ23cm奥行き24cmのコンパクトなもので1000円以内でした。ハンドメイド作家さんが作られるアクセサリー小物などは、これでも十分撮れます♪

もう一回り大きい50cmサイズのものは、3000円以内くらいでもネット販売もされてます。このようなボックスに入る大きさのものの撮影でしたら、この撮影ボックスを使うのが本当に楽です。簡単で綺麗に撮れてびっくり!

 

構造はLEDライト付きで、折りたたみ式の撮影ボックスになっています。面倒なライティングが不要で、これだけで撮れます。撮影するものの大きさによって、必要なボックスの大きさが変わりますが、小さな小物撮影であれば特に買う価値大です!私の買ったものは白と黒の背景紙がついていました♪

商品撮影用小物撮影BOX

使い方も簡単です。組み立てて、私のものはマグネットで固定、コンセントをさしてLEDをつけます。撮りたいものを中にセッティングして撮影するだけです♪ これで撮影すると、光もこれだけで十分な量で、変な影など写らず撮れますよ^^

 

私が買ったのものとそっくりな商品撮影BOXをAmazonで発見!激安でベストセラー(笑)この価格だったら、ぜひお試しに使ってみてください♪

 

ただ、撮った後の編集は必須です。編集で明るくするだけでもしてみてください。編集について詳しくは先ほども1つ目にご紹介した別記事で説明しています。

 

実際はこんな感じです♪小物やアクセサリーの撮影には特におすすめですよ^^
商品撮影BOXを使った撮影

 

7、とても大切な露出補正!

私の師匠が、最初にカメラを教えてくれた時に繰り返し繰り返し伝えてくれたのが、露出補正です。どんなカメラを使っても、どんな撮影の時でもこの露出補正を考えることはとっても大事です

 

写真で露出補正は超重要!

 

露出補正とは?露出とは、明るさのこと。なので露出補正とは簡単に言うと、明るさの補正をすること。つまり、カメラが決めた明るさから、自分で明るくしたり暗く調整することです。なぜ露出補正が必要なのか?

それは、黒いものを写そうとすると、カメラは暗すぎると判断して明るく自動補正されてしまします。カメラは画面全体の平均の明るさを考えて明るさが決まるためでもあります。

 

写したい黒い部分をタップした場合、ピントと露出がその部分に合います。すると、黒が黒ではなく、グレーに明るく写ってしまいがちなので、黒っぽい色のものを撮影するときはマイナスに露出補正します。やり方は簡単。撮りたい部分にタッチして、右横に出てくる太陽マークを下に下げることで明るさ(露出)が簡単に暗くできます。

逆に、白いものを写そうとすると、カメラは明るすぎると判断され、白がグレーに暗く写ります。白っぽい色のものを撮影する場合は、プラスに露出補正します。撮りたい部分をタップして、太陽マークを上に上げると、露出を明るくできます。

 

白っぽいものの撮影は+補正

黒っぽいものの撮影はー補正

 

左の写真は何も明るさを変えていないものです。白いものを写そうとするとどうしてもグレーに近く暗く写ります。露出(明るさ)を変えて撮影。するとこんなに白く写ります^^露出補正(白いものの撮影)

露出補正については、2つ目にご紹介したiPhoneカメラでの撮影法の記事でもやり方をご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。AE/AF機能として、7つポイントの2番目に記載しています♪

 

3、撮り方〜まとめ☆

 

  1. スマートフォンカメラは暗いところが苦手なので、まずは昼間の自然光で撮ってみるのがおすすめ。
  2. フラッシュは基本OFFに設定すること。もし使いたいときは、フラッシュ部分を薄い白いもので覆う。
  3. ズームで撮りたい時は、広めに撮って後でトリミングすべし
  4. 一番大切なのは柔らかい光がおすすめ。
  5. 被写体に効果的に光を当てたり、影になっている部分を明るくするレフ板を使って撮ってみよう
  6. 夜間撮影するときには撮影キットが便利
  7. 商品撮影は、背景と小物使いがとっても大事
  8. ブレも防げて、セッティングが楽にもなるスマートフォン用三脚があるとGOOD
  9. 色が変な時はできるだけ自然光がベスト。MIX光にならないように注意
  10. カメラで大事な露出補正!特に白や黒を撮る時は明るさを自分で変えてみよう

 

スマートフォンだけでも、こんなことに気をつければ、安価な材料だけでも十分撮影できましたね♪実際にやってみるとそんなに難しくないなので、ぜひやってみてくださいね^^

おまけ☆
ホワイトバランスについて、オリンパスのHPでわかりやすく解説されていたので、もしもよければこちらも合わせてご覧ください♪
ホワイトバランスって何だろう? | オリンパスイメージング - サポート

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kano

kano

得意分野はカメラ。現在も勉強中です♪女性起業家のみなさまに、お役に立てる写真に関する情報をお届けします^^

-写真

Copyright© coletto , 2018 All Rights Reserved.