女性起業家に知ってほしいITと経営の情報ポータル

coletto

写真

iPhoneのみで写真の編集が簡単にできるコツ♪基礎編と応用編

更新日:

iPhoneで撮影したドライフラワー

iPhoneに最初から入っている写真アプリ。じつは編集も結構できるって知ってましたか?撮った画像をカメラロールで見るだけのものではないんです^^

アプリをダウンロードしなくても、iPhoneに既存の写真アプリだけで、よくあるあなたのお悩みがあっという間に解決するかも♪しかもすごく簡単にできちゃいます。また、iPhoneの操作方法でお伝えしますが、項目はどんな画像の編集でもだいたい同じなので、Androidでも編集の考え方は学べます♪

むずかしいことが嫌いな方のために、これだけでも覚えたら使える簡単に写真が綺麗に見える4つのコツ!と、もっと知りたい方に自分好みに写真編集のやり方がわかる逆光やライトの下で写ってしまった影を明るくするテクニックや、私おすすめふんわり明るくする方法もお伝えします♪

 

写真編集って聞くと、なんか加工しちゃうことだと思いますか?撮影するときには、明るさ、色、メリハリ、鮮やかさなど、カメラで細かく設定できるんですが、それを後から修正することを写真編集っていいます♪元の素材を変えていないものは編集で、写り込んでしまった人を消したり目を大きくしたり元の素材が変えられたものを加工といいます。

写真編集は、プロのカメラマンも当たり前にしています。後から自分好みに変えられるので、使わなきゃもったいない便利な機能ですよね♪写真アプリでは、加工はあまりできないんですが、編集は十分できます^^そして、iPhoneに入っているブリリアンスという機能がけっこう使えます♪影を明るくする裏技!のところでお話ししますね。

 

なんか上手く撮れなくて、失敗したかなというものがカメラロールにありませんか?

  • なんか暗くて、残念。
  • なんとなく傾いている
  • つい全体を写したら、パッとしない
  • 逆光で撮ったら顔が暗くなってしまった。
  • ライトの下で撮影したら影が入ってしまった。
  • なんか撮りたいイメージと違う

などなど。。ブログ用に使いたかったのに、使えないかな。これは不要かなと削除してしまう前に、まずは4つ覚えて、やってみませんか?ちょっとした使い方を知るだけで、失敗写真がステキに変わるかもしれませんよ♪

今回の説明に使っている画像はiPhone8plusを使って撮影したものです。また、写真アプリはAppleのiPadにも入っているので、お持ちの方は大きい画面で操作してみても見やすいですよ ^^

 

iPhoneでこれだけでも覚えると使える4つ♪

 

1、まずは自動補正を試そう!

これだけでもやってみよう♪
1タップで綺麗にしてくれる、iPhone写真アプリの自動補正!手っ取り早くいい感じに修正してくれるすごく便利な機能です。完全には効かない時もありますが、写真によってはこの自動補正だけで十分なことも。

 

自動補正からやってみよう

 

それでは実際の作業を見ながら、ご説明します。

まずはホーム画面の【写真アプリ】を開きます。
カメラロールから編集したい【画像】を選択(タップ)します。

iPhone写真アプリと画像の選択

右上の【編集】をタップ。
右上、【自動補正アイコン】をタップするだけ。

iPhoneカメラの自動補正の仕方

【写真】のどこでもタップすると、補正前の画像が表示されます。右下の【チェック】をタップすると保存できます。忘れずに保存にチェックをしてください

iPhone写真保存方法と編集前の確認

カメラロール内の画像は、編集後の画像に上書き保存されます。すごく簡単ですよね♪そして補正後、やり直しをしたいときや変更したいときは、右下にある【元に戻す】をタップするといつでも最初の状態に戻せます

 

ただ、アプリによって補正機能の効果は全然違うんです。写真アプリの自動補正の効果は控えめな印象ですごい補正力は感じられないのが正直なところなんですが。。。この自動補正機能を使うだけですごく綺麗に仕上げてくれるアプリも!そんな自動補正の効果がすごい私も愛用しているアプリは、後ほどご紹介しますね♪

まず編集するとき、この自動補正からやってみてください。何からやったらいいかわからない時なども、最初とりあえず自動補正をしてみると、もうちょっとこうしたいなが出てきます♪自動補正で物足りない時、他の調整を追加してみるのがおすすめです。

 

2、特に明るさを変えてみよう!

パッと見たときに、写真の明るさでイメージが変わってきます。ちょっと明るくするだけで、見た人の印象が違いますよ♪

自動補正だけでは、明るさが足りないとき。もう1ステップ。明るさをあげてみてください。これもあっという間にできます。

 

明るさで写真の印象が激変する

 

先ほどの写真を保存する前に、つづけて編集してみます。もし保存した後に、編集を追加したい、または変更したい時は、右上の【編集】をタップすればまた続きからできます。

下の右から2番目、明るさや色の【調整アイコン】をタップ。出てきた項目の一番上の【ライト】をタップ。

iPhone写真の明るさを上げる方法

右に【スライドバー】を動かす。画面の写真の変化を見ながら、いい明るさのところまでバーを動かす。右に動かすと明るく、左に動かすと暗くなります。最後に忘れずに、右下の【チェック】をタップして保存してください。

iPhone写真編集のライトの効果

明るくするだけで、こんなに変わりました♪これだけでかなり印象が変化します。まずはこの明るさの編集だけでも十分素敵になりますよ^^

 

3、1タップで正しい角度に直る!

まっすぐ撮ったつもりなのに、傾いてしまった。わざと傾けて動きを表現することもありますが、建物やテーブルなど曲がっているとどうでしょう?曲がっているのが違和感に感じる写真は、まっすぐにしてみましょう。

 

水平に直すのなんて簡単

 

再び編集したい写真を選んで、右上の【編集】をタップ。傾きを直すのは、なんと1タップ!下の一番左、【トリミングアイコン】をタップ。画像の中の直線に合わせて自動で傾きが直ります♪

直らない時は【自動】(【戻す】と表示されているところが、傾ける前は【自動】と表示されてる)をタップ。でも時々、違う線に合わせられてしまうこともあったり。そんな時は、戻すをタップ。自分で好きな傾きにしたいときには、左右にホイールを動かすことができます。

iPhone写真の傾きを修正方法

Before、Afterの写真です。自動で傾きも直してくれるなんて、うれしいですよね♪

iPhone写真の傾きの自動修正画像

角度を補正した時の注意点!
どうしても角度調整の分を切り取られてしまう(トリミングされる)。全部入れて撮影したかったのに、端っこが切れてしまうなんて事も。。。なので、できるだけ撮影時に傾かないよう気をつけるのがベストです!

 

4、切り取りで印象的な一枚に!

なんかパッとしないなーという写真にありがちなのは、とにかく全部を画面いっぱいに写す。ただ写しただけの記録的なものに。悪くはないんですが、もう一歩!本当に撮りたかったものは何ですか?

撮りたかったものをグッとアップで寄ってみるのもおすすめです♪試しに撮りたかったものをアップに切り取ってみませんか?おしゃれで素敵に変身するかもしれませんよ^^

 

トリミングでステキに変身

写真の比率も変えてみよう

 

では、実際のトリミング方法を見ていきます。画像を切り取ることをトリミングすると言います

調整したい画像を選んで右上の【編集】をタップ。傾き調整と同じ左下、【トリミングアイコン】をタップ。【四隅の角】を動かして、トリミング(切り取り)の範囲を設定。

右下の【四角】をタップすると、アスペクト比も変えられます。アスペクト比とは、写真の縦と横の長さの比率を変えるもの。

iPhone写真のトリミング方法

*トリミング範囲を操作するのと、アスペクト比を決めるのはどちらが先でもOKです。トリミング範囲を縦長にすると縦写真のアスペクト比(縦横比)が。横長にすると横写真のアスペクト比が出ます。

Instagramで使われているスクエア(真四角)にしてみたり。スマホカメラの撮影サイズは一般的に3:4ですが、L版の写真プリントするのであれば、2:3ですよー。

 

四隅の角を動かす方法の他にも、2本指で【ピンチを開いて】拡大する方法もあります。好きなトリミング(切り取る)部分になるように、操作してみてください。

iPhone写真のアスペクト比の変え方とトリミング

記録的だった写真が、なんだかステキになったらうれしいですよね♪

iPhoneトリミングの前と後画像

 

写真をもっと自分好みにする設定♪

 

1、影を明るくする裏技!

逆光で撮影した時など、顔に影ができてしまった。ライトの下で撮影して、嫌な影が写ってしまった。でも、あきらめるのはまだ早いですよ。

影ができた時、普通に明るさを上げてしまうと、明るい部分も暗い影の部分も一緒に明るく補正されるため、明るい部分が白くなりすぎますそんな時は、暗い部分だけを明るくするシャドウという機能が使えます。

 

ちなみに、左から2番目は【フィルターアイコン】です。Instagramなどでもよく使われる、見たときのイメージをガラリと変えてくれるいろんな効果のあるフィルターが入っています♪

右下のアイコンは【マークアップ】という、簡単に画像に文字入れができるアイコンが入っています。こちらの説明書きにも、このマークアップを使って文字や図形を入れました。アプリをダウンロードしてなくても、落書き機能もけっこう使えますよ♪

 

影を消すには

シャドウとブリリアントをあげる

 

では話は戻って、実際の作業を見てみましょう!

調整したい画像を選んで右上の【編集】をタップ。右から2番目の【調整アイコン】をタップ。
ライトの右の【チェック】をタップ。(ライトをタップすると詳細が表示されません

iPhone写真編集アイコンの説明と詳細

その中の【シャドウ】をタップ。右に【スライドバー】を動かす。シャドウは暗い部分だけ明るくしてくれます。調整効果を見ながら好みの明るさになるまでスライドします。

さらに影を消すには、近年新しく加わったブリリアンスという機能がおすすめと話題です。ブリリアンスは暗い部分を明るくし、明るい部分は抑えて、メリハリを強くします。人気の機能ですが、他のAndroidや編集アプリであまり見かけないです。

シャドウに続けて、ブリリアンスを調整したいので、②の【詳細設定アイコン】をタップ。

IPhone写真編集シャドウの設定の仕方

ブリリアンスもライトの詳細機能です。ライトの中にある【ブリリアンス】をタップ。右に【スライドバー】を好みの明るさになるまで動かす。

iPhone写真編集ブリリアンスの調整方法

最初と比べると、すごく変わりましたね♪ただ、シャドウだけ上げるとやわらかい印象だけど、明るくするため薄く白っぽく見えます。反対に、ブリリアンスだけ上げると、確かに影が消えますがメリハリ出るよう補正されるため、色が濃く硬い印象に。

逆光の影を消すシャドウとブリリアンスの比較

なので、シャドウとブリリアンスの合わせ技で、両方を右に少しずつ自分好みにあげてみるのがいい仕上がりに♪

Androidで編集機能にブリリアンスがない場合は、自動補正機能をかけてから、シャドウを上げて、たりないところ(明るさ、コントラスト、彩度など)を自分で足していくといい感じになります。

iPhoneのシャドウとブリリアンスを使った補正効果画像

この機能は1番びっくりするほど綺麗に変わるので、ぜひやってみて下さい。

 

2、細かい調整でどう変わる?

明るさを自動明るさ補正(ライト)は、くっきりはっきりした印象。

私は、ふんわりした雰囲気が好きなので、さらに自分で調整することが多いです。いろいろ項目があるんですが、今回はその中でも特によく使う、明るさ・彩度・コントラストについてご紹介します♪

 

ふんわり明るくするときは

コントラストを下げて

明るさと彩度を上げる

 

先ほどの編集したものを使ってみます。ライトの補正をかけたところから、ライトの詳細(右下の【詳細マーク】)をタップ。コントラストと明るさを変えてみます。調整したい【項目】をタップ。
iPhone写真の明るさとコントラストの変え方

左がコントラスト。右が明るさです。

iPhone写真のコントラストと明るさの調整法

コントラストを下げる(左にスライドバーを動かす)とやわらかい印象になります。 逆にコントラストを上げる(右に動かす)とくっきりはっきりした印象になります。 ライトの自動補正ではくっきりめになっているので、私好みのふんわりにするために少しコントラストを下げてみます。

また、明るいのが好きなので、もっと好きな明るさまで上げてみたいと思います。明るさを右にスライドすると明るくなり、左にスライドすると暗くなります。


明るくすると、どうしても全体的に色味が白っぽくなるため、やりすぎには注意です。基準は明るい部分が白くなりすぎない、黒い部分が薄くなりすぎないくらい。

さらに、明るくすると色がちょっと薄めになるため彩度(色を鮮やかにする)をちょっぴり上げます。

カラーの【詳細】から彩度を変えます。

まず、カラーの【チェック】をタップ。
詳細から【彩度】をタップ。
彩度を右にスライドすると色が濃く鮮やかに、左にスライドすると色が失われて白グレー黒に近づきます。彩度は特に上げすぎないように。基準は見ながら自分の好みのところまで。

iPhone写真の彩度を編集

自分でやってみると効果がすごくよくわかりますよ♪もちろんまずはやりやすい方で、やってみてくださいね^^

 

まとめ〜おすすめの編集項目♪

 

最初から入っている機能だけで、こんなにも変化するなんてすごいですよね♪もちろんどの項目も1つだけ操作してもいいですが、ぜひ組み合わせて使ってみてください^^

 

  • 自動調整 ...自動でいい感じに修正してくれる
  • ライト(明るさ)...明るさ(全体のバランスも一緒にいい感じに変えてくれる)
  • 傾き...1タップで画像の中の線に合わせて自動補正
  • トリミング(切り抜き)...引いて撮ったものをアップにできる。また縦横の長さも変更可
  • シャドウ... 暗い部分だけの明るさを変えられる
  • コントラスト... くっきりはっきり、またはふんわりに調整
  • 明るさ...明るさを変えられる(※明るくしすぎると、白っぽく薄くなる)
  • 彩度...色の鮮やかさの調整
  • ブリリアンス...暗い部分を明るくし、明るい部分は抑えて、メリハリを強くする

 

ライトとブリリアンス以外は、どのスマホにも編集アプリにもある機能です。(ブリリアンスは入ってないことが多いですが、macのpcでも使えます。)今回はアイフォンを使ったやり方を紹介しましたが、操作法を一度覚えると他のものでも使えるので、編集項目を探してやってみてくださいね♪

 

iPhone写真編集の基本!

  1. ホーム画面にある【写真アイコン】をタップ。
  2. 調整したい【画像】をカメラロールから選んでタップ。
  3. まずは【自動補正アイコン】を試してみよう。自動補正で物足りない時は、他の調整を追加してやってみよう。
  4. 明るくするのは、調整アイコンの【ライト】。明るさは見る人の印象をガラリと変える。
  5. 傾きは【トリミングアイコン】をタップしただけで、かんたん自動調整。
  6. 切り抜きは傾き補正と同じ【トリミングアイコン】をタップ。一番撮りたかったものを切り抜いて印象的な1枚にしてみよう。
  7. 必要な項目を組み合わせてやってみよう。
  8. 保存前に画像をタップすると、修正前のものが表示される。
  9. 完成したら、右下の【チェック】をタップして保存。
  10. 画面の右下の【元に戻す】をタップすれば、すぐ修正前に戻ります。

 

ふんわり明るい写真にするレシピ♪

  1. 逆光やライトの下などで写った暗い影を明るくしたい時は、シャドウとブリリアンスを上げる!
  2. ふんわり明るくするときは、コントラストを下げて、明るさと彩度を上げる♪

写真編集にはLightroom

 

おまけ☆
先ほど説明した自動補正がすごい写真アプリはLightroomです。機能やサービスによっては有料になりますが、自動補正も含む基本的な編集は無料で利用できます。よかったら試してみてください♪

 

最後まで見ていただきありがとうございます^^あなたのカメラロールにある暗いなと思っている画像。まずは明るさを変えるだけでも、きっと素敵になりますよ♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kano

kano

得意分野はカメラ。現在も勉強中です♪女性起業家のみなさまに、お役に立てる写真に関する情報をお届けします^^

-写真

Copyright© coletto , 2018 All Rights Reserved.