InstagramLIVEインスタグラムライブほぼ毎日配信中coletto

【無料】参加者募集中

全国オンラインSEOセミナー日程はこちら!
7/25(木)10:00〜キャンセルが出たため1名募集中!

スマホカメラ講座 子供の教育

facebookに子供の写真を投稿する時は注意!

投稿日:2019年3月16日 更新日:

facebookに子供写真をぼかしを入れないで投稿するリスク

こんにちはminaです。お子さんが卒園・卒業・入園・入学のお父さん・お母さん、おめでとうございます!みなさんのfacebookを拝見し、私も毎日幼稚園や託児に送り迎えしたあの頃を思い出します♪手を離して一人で小学校に行くなんて、なんか信じられないな〜、誇らしいな〜、ちょっと寂しいな〜…。初登校日は私もドキドキでした。ああ懐かしい〜!

この記事ではfacebookなどのSNSに子どもの写真を載せる時に注意が必要な理由をまとめています。

facebookなどSNSに子供写真と同時にいろんな情報も公開

入学式や初登校日など、我が子のちょっぴりお兄さんお姉さんになった姿を撮影してfacebookなどのSNSに載せたい親心。子供の成長を人に言いたい!子育ての記録を人に見せたい!お気持ちはよ〜くわかります…。

「入学式」と書かれた立て看板の前での子供写真は、まさにザ・入学式!それをfacebookにアップしている方がたくさんいらっしゃいます。

〇〇市立△△小学校(幼稚園とか中学校とか…)という文字もボカしたりスタンプをせず、そのままアップしている方がいてびっくり!通う学校、子供の顔、年齢、性別、名前(名札をしていれば)、大体の住所などなど自ら公開しています。

 

facebookへの写真投稿は人に迷惑をかけている可能性がある

晴れ姿で教室で着席する姿や、体育館の入場の様子なども投稿されている方もいます。我が子以外の大人や子供に、モザイクやスタンプで顔を隠さず、完全に顔が認識できてしまう写真も多く見かけました。

お友達同士公園などで遊んでいる風景を撮影し、事前に親同士の許可を得て投稿したりタグづけするのは、本人たちの自由・自己責任ですが、不特定多数の方が集まる場所で全ての方にモザイクやスタンプをするのは結構大変…。

学校生活が始まりお母さん同士もfacebookで友達申請をして繋がった時、知らない間に自分や我が子が写った写真がfacebookにアップされているのを見つけてしまったら…。

入学式に限らず、投稿の内容や通学路などの風景から場所がわかってしまう場合もあります。

 

子供の写真をfacebookに投稿する時は親の責任を感じよう

私は数年前から我が子の顔が認識できるような写真はネット上に載せることを控えています。子供本人が自分の親のfacebookに写真を載せるか載せないかというのは判断ができないので全て私たち親の責任になります。

子供写真を載せてしまうのは「まだ小さいから大丈夫」と思って載せてしまうのでしょうか?

もしも…。私の実家の母親がfacebookにはまっていて、知らないうちに私や私の妹の写真をガンガン載せていたらブチ切れます(笑)

 

facebookの限定公開で写真をアップしても危険

公開先を「友達のみ」にすることで安心していませんか?お友達が悪気なくシェアしてしまうこともあるかもしれません。

そもそも「友達のみ」にしていてもfacebook内の友達は本当に友達?会ったことある人?本人であるという確証は?アカウントが乗っ取られているかも?SNSは便利な反面、使い方を間違うとトラブルの元になってしまうこともあります。

 

実際にあった怖いヒヤっとした話

なぜ今回このようなことを書いたか…というと。息子が幼稚園年長のとき、ヒヤっとする怖い出来事が実際にあったからです。

自宅の目の前のコンビニにちょっと買い物があり、息子はDVDを見ていたので家で待っていてもらいました。

私が出ている数分の間に宅配便が届き、息子はインターホンでマンションのオートロックを開け、自宅のドアも開け、サインをし荷物を受け取っていました。

届いたものはネット通販で購入した衣類。届けてくれた方は男性だったと息子が話してくれました。もちろん誰もが知る運送会社。

でも私が知らないところで6歳の子供が親が不在時に一人で自宅ドアの鍵を開け大人の男性と話をしていた…。

ガクプルガクプル

私たちはお留守番のルールをしっかり話し合ってはいませんでした。他にも身の安全や安心について、怖い思いをした場合どうするか、などちゃんと話したことはなかったかも…と、は!と気づきました。

それまで毎日隣で手を繋ぎ、目の届く範囲の中にいた子供。それがこれからは一人で行動することも増えていきます。「社会」についても親子でしっかりお話をしないとな〜と思いました。

 

facebookに子供の写真をアップする時は注意を

リアルタイムで「○○に行ってきま〜す」や「○○なう」などの投稿から、家が留守であることや子供が一人であることがわかってしまう場合もあります。

慎重にならなかったことでトラブルに巻き込まれるより、慎重にしたからトラブルを避けられた、という方がいいですよね。

「ネットリテラシーが低いから〜」「よくわなんなかった〜」「知らなかった〜」では済まないこともこれから起こるかもしれません。正しく使えば、楽しいSNS。子供の身を守るためだけではなく、お友達に迷惑をかけたりしないよう、気をつけましょう!一番いいのは子供の写真は載せないことですね!

 

子供の教育:関連記事

子供にプログラミングの習い事をさせた方がいいか悩んでいる自営業のお母さんにおすすめする本9選!
プログラミングの習い事を考えている小学生のお母さんへおすすめ本9選!

私は小学3年生の息子の母でまさにプログラミング教育について情報収拾真っ最中です。

続きを見る

InstagramLIVEインスタグラムライブほぼ毎日配信中coletto

-スマホカメラ講座, 子供の教育

Copyright© 女性起業家に知ってほしいITと経営の情報ポータルcoletto(コレット) , 2019 All Rights Reserved.